Redonc Cyber Tech

1000万円超えの国産現行高級車7選

  • 投稿日:
  • by

ライブドアニュース https://goo.gl/18eDUs

a2bf4_1568_24915bbacada74f080881cde4e26ee2d.jpg

日本車にも増えてきた1000万円超えのモデルには高級品、高額品に非常に重要な「性能だけではない、個性や魅力」も備えるよう、日本のシンボルとして今後もクルマを磨き続け、世界に通用するよう頑張ってほしい!

CLS 450 4MATIC

  • 投稿日:
  • by

GQ JAPAN https://goo.gl/PHZS2z

01-mercedes-benz-cls-450-4matic.jpg
CLSの存在意義は、SクラスやEクラスではややトゥーマッチと感じている個人オーナーのためにあるのかもしれない。
全長は5メートル近いが、軽快感があるので、パーソナルカーとしての魅力がある。

AUDI A7 Sportback

  • 投稿日:
  • by

GQ JAPAN https://goo.gl/wvVkbd

1-da9827a8353d7346.jpeg

乗り味を含めて中身の完成度も高い A8」がベースである。リアタイヤを最大5度ステアする4輪操舵のおかげで、最小回転半径は4輪操舵のない先代より1.1mも小さくなった 取り回しの良さだは圧倒的だ

フェラーリ ポルトフィーノ

  • 投稿日:
  • by

Spyder7 https://goo.gl/zs9XK3

64605.jpg

エンジンの目覚めはルッソTよりも元気だ。とはいえ すぐにボリュームは絞られて、すとんと落ちついた音になる。スーパーカーにも最低限の社会性は必要だ。ポルトフィーノのように、毎日乗りたくなる跳ね馬なら、尚さらに。

ALPINA D3ビターボ

  • 投稿日:
  • by

AUTOCAR JAPAN https://goo.gl/LGftt8

timthumb.jpg

2992cc直6ツインターボディーゼル 350ps/4000rpm、700Nm/1500-3000rpmを発揮

0-60km/h、あるいは0-30km/h、もしくは30km/h-60km/hというような中間加速がモーレツに速い

乗り心地はまろやかで、スタンダードのBMWとは同列に論じられない。ALPINA独自の電子制御ダンパーとスプリング、それにスタビライザーが組み込まれていて、路面の凸凹に対してはしなやかにいなしていく

ジャガーXJR575

  • 投稿日:
  • by

MotorFan https://goo.gl/pKCz7X

big_main10002760_20180120193511000000.jpg

乗り心地が素晴らしく快適 それでいて最高出力575psのエンジンパワーをフルに引き出しても ビクともしない強靱でコントローラブルな足まわり